エポスカードのゴールドとプラチナの実質的な還元率を比較しました

P_20190916_225706

ボーナスポイントや年会費を考慮した還元率をエポスゴールドカードとエポスプラチナカードに分けて比較しています。

ボーナスポイントとは?

エポスゴールドカードとエポスカードプラチナはどちらも還元率0.5%と低いですが、年間利用額に応じてボーナスポイントが付与されます。

2019-09-16_19h04_48

ちなみに家賃の支払いなど「ROOM iD」の利用分はボーナスポイントには考慮されません。

2019-09-16_23h38_07

参考:https://faq.eposcard.co.jp/faq/show/1317?category_id=160

年会費は?

ゴールドの年会費は年間50万以上利用で無料です。

プラチナの年会費は通常30,000円ですが、インビテーション(招待)経由で発行した場合は年会費が20,000円になります。

2019-09-16_19h07_22

エポスゴールドカードの実質的な還元率は?

通常の還元率、年会費、ボーナスポイントを考慮したトータルの実質的な還元率は

年間利用額 ボーナスpt 年会費 還元率 ボーナス考慮
500,000 2,500 0 0.50% 1.00%
600,000 2,500 0 0.50% 0.92%
700,000 2,500 0 0.50% 0.86%
800,000 2,500 0 0.50% 0.81%
900,000 2,500 0 0.50% 0.78%
1,000,000 10,000 0 0.50% 1.50%
1,100,000 10,000 0 0.50% 1.41%
1,200,000 10,000 0 0.50% 1.33%
1,300,000 10,000 0 0.50% 1.27%
1,400,000 10,000 0 0.50% 1.21%
1,500,000 10,000 0 0.50% 1.17%
1,600,000 10,000 0 0.50% 1.13%
1,700,000 10,000 0 0.50% 1.09%
1,800,000 10,000 0 0.50% 1.06%
1,900,000 10,000 0 0.50% 1.03%
2,000,000 10,000 0 0.50% 1.00%

年間利用額が100万円のところで最高還元率の1.5%になりました。100万~120万円の範囲内なら1.33~1.5%となり、かなり高還元カードの部類に入ります。

反対に利用額が200万円を超えると1%を切ってしまうので注意が必要です。

エポスプラチナカードの実質的な還元率は?

続いてエポスプラチナカードです。年会費はインビテーション経由の2万円の方で計算してみます。

年間利用額 ボーナスpt 年会費 還元率 ボーナス考慮 年会費考慮
1,000,000 20,000 20,000 0.50% 2.50% 0.50%
2,000,000 30,000 20,000 0.50% 2.00% 1.00%
3,000,000 40,000 20,000 0.50% 1.83% 1.17%
4,000,000 40,000 20,000 0.50% 1.50% 1.00%
5,000,000 50,000 20,000 0.50% 1.50% 1.10%
6,000,000 50,000 20,000 0.50% 1.33% 1.00%
7,000,000 60,000 20,000 0.50% 1.36% 1.07%
8,000,000 60,000 20,000 0.50% 1.25% 1.00%
9,000,000 70,000 20,000 0.50% 1.28% 1.06%
10,000,000 70,000 20,000 0.50% 1.20% 1.00%
11,000,000 80,000 20,000 0.50% 1.23% 1.05%
12,000,000 80,000 20,000 0.50% 1.17% 1.00%
13,000,000 90,000 20,000 0.50% 1.19% 1.04%
14,000,000 90,000 20,000 0.50% 1.14% 1.00%
15,000,000 100,000 20,000 0.50% 1.17% 1.03%

年間利用額が200万を超えても、ほぼ1%の還元率にしかなりませんでした。年会費の存在が重くのしかかっています。

ですが、このクレジットカードをせどりの仕入れに使う場合、年会費は全額経費にできます。

経費が増えると所得(利益)が減るので、所得税、住民税、事業税、国民健康保険料が安くなります。

大まかに計算すると年収400万(所得税率10%)の人で経費による節税割合は31~36%、年収600万(所得税率20%)の人で41~46%、年収1000万(所得税率23%)の人で44~47%程度です。住んでいる地域の国保料によってかなり変動します。

ちなみに副業せどらーの人は国保料の負担がないので、節税効果は減少します。

以上を考慮すると節税割合30%の人の場合、年会費の実質的な負担額は14,000円(20,000円x[1-0.3])になるので

年間利用額 ボーナスpt 年会費 還元率 ボーナス考慮 年会費考慮
1,000,000 20,000 14,000 0.50% 2.50% 1.10%
2,000,000 30,000 14,000 0.50% 2.00% 1.30%
3,000,000 40,000 14,000 0.50% 1.83% 1.37%
4,000,000 40,000 14,000 0.50% 1.50% 1.15%
5,000,000 50,000 14,000 0.50% 1.50% 1.22%
6,000,000 50,000 14,000 0.50% 1.33% 1.10%
7,000,000 60,000 14,000 0.50% 1.36% 1.16%
8,000,000 60,000 14,000 0.50% 1.25% 1.08%
9,000,000 70,000 14,000 0.50% 1.28% 1.12%
10,000,000 70,000 14,000 0.50% 1.20% 1.06%
11,000,000 80,000 14,000 0.50% 1.23% 1.10%
12,000,000 80,000 14,000 0.50% 1.17% 1.05%
13,000,000 90,000 14,000 0.50% 1.19% 1.08%
14,000,000 90,000 14,000 0.50% 1.14% 1.04%
15,000,000 100,000 14,000 0.50% 1.17% 1.07%

還元率が結構上がりましたが、まだ微妙です。

節税割合40%の人の場合、年会費の実質的な負担額は12,000円(20,000x[1-0.4])になるので

年間利用額 ボーナスpt 年会費 還元率 ボーナス考慮 年会費考慮
1,000,000 20,000 12,000 0.50% 2.50% 1.30%
2,000,000 30,000 12,000 0.50% 2.00% 1.40%
3,000,000 40,000 12,000 0.50% 1.83% 1.43%
4,000,000 40,000 12,000 0.50% 1.50% 1.20%
5,000,000 50,000 12,000 0.50% 1.50% 1.26%
6,000,000 50,000 12,000 0.50% 1.33% 1.13%
7,000,000 60,000 12,000 0.50% 1.36% 1.19%
8,000,000 60,000 12,000 0.50% 1.25% 1.10%
9,000,000 70,000 12,000 0.50% 1.28% 1.14%
10,000,000 70,000 12,000 0.50% 1.20% 1.08%
11,000,000 80,000 12,000 0.50% 1.23% 1.12%
12,000,000 80,000 12,000 0.50% 1.17% 1.07%
13,000,000 90,000 12,000 0.50% 1.19% 1.10%
14,000,000 90,000 12,000 0.50% 1.14% 1.06%
15,000,000 100,000 12,000 0.50% 1.17% 1.09%

年間利用額200万、または300万なら還元率が1.4%以上なので、かなりの高還元のカードに変貌しました。

まとめ

  • エポスゴールドカードは年間利用額を100万~120万にコントロールできれば高還元カードになりうる
  • エポスプラチナカードは高額納税者の専業せどらーなら高還元カードに化ける

この記事を書き終えたあと早速申し込みました。

2019-09-17_00h13_21

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください